vol.2 津村イチローくん(宇都宮市)

宇都宮市保健所からのレスキュー

イチロー君はある日飼い主に捨てられて、1年半ほど河川敷で野良犬として暮らしていました。当時、近くに住んでいた津村家では捨てられたイチロー君に同情したものの、先住犬が犬嫌いだったため飼う事はためらい、毎日ご飯をあげて可愛がっていました。そんなある日、突然イチロー君が姿を消し、心配した津村さんが『もしかして?』と覗いた宇都宮市保健所の収容犬情報にイチロー君の姿を見つけました。殺処分に遭わせる訳にはいかないと引き出してくれ、イチロー君は津村家の本当の家族になりました。野良犬時代には散弾銃で撃たれた経験(後に動物病院で弾が発見)も。哀しい過去もすべて津村さんと知り合うために必要だったのかもしれません。イチロー君、良かったね♪

とちポチとちタマ編集部もInstagramをやってます。フォローしてください。