あなたはいい飼い主さんですか?

所有者明示がされていないことによる迷子、探す手段を知らない飼い主さん、

遺棄、センターへの持ち込み等の人間の身勝手や無知が理由で、

命の期限がついてしまった可哀想な犬や猫がたくさんいます。

犬や猫を迎えたなら、終生、飼い主さんとしての責任をもってあげてくださいね。

必ず迷子札をつけましょう。

飼い犬には「鑑札、注射済票、迷子札、マイクロチップ」いずれかの方法で所有者明示をしましょう。
迷子でセンターに収容された犬が、身元を示すものを着けていないと、家に帰れずに殺処分の対象になります。
万が一に備えて、今すぐ迷子札を着けてあげてください。室内外の犬や猫にも必要です。災害時にも役立ちます。
犬の登録時に
交付される鑑札
年1回の狂犬病
予防注射済票
迷子札には
様々なタイプが。
連絡先を明記する
タイプの首輪も。
マイクロチップは
動物病院で。

迷子になったら、すぐ行政機関に連絡を。

ペットが脱走、迷子になってしまったら、すぐ行政機関に連絡しましょう。
栃木県動物愛護指導センター、宇都宮保健所、最寄りの警察署、
また、遠くまで移動する(人間の手で移動させられる)可能性も想定して、
近郊の警察等へも連絡しておくと安心かもしれません。
お家に戻れなくなった犬や猫は、とても不安で寂しい思いをしています。
早い時期に全力で捜索してあげてください。

《ゆっくり探している時間はありません。収容期間はわずか4日〜7日です。》

◎栃木県動物愛護指導センター
(028) 684-5458
◎宇都宮市保健所 生活衛生課(宇都宮市)
(028) 626-1108

《迷子になってしまったら飼い主として、できる限りの事を。》

  1. 栃木県動物愛護指導センターへ電話 ※HPの収容動物情報は毎日確認
  2. 周辺の警察署・役所・保健所へ電話
  3. 周辺を捜索(聞き込み調査・ポスターや貼り紙)
  4. 地元新聞紙に迷子情報掲載

《とちポチとちタマでは迷子・保護掲示板を運営しております。》

とちポチとちタマが運営する「迷子犬・保護犬掲示板」では、
栃木県及び近郊で迷子になっている・保護されている犬や猫すべて見ることができます。

犬や猫を飼うなら里親になってください。

あなた自身はもちろん、あなたの身近で犬や猫を飼いたい方がいらしたら、「保護犬・保護猫」のことを教えてあげてください。
里親会・譲渡会に出向くと、家族を探している犬や猫たちを直接見ることができ、
その子の性格などの説明を聞いたり、相談もできます。あなたの考え方で1頭でも多くの命を救うことができるのです。

保護犬・保護猫を迎えるにはどうしたらいいの?

  1. 栃木県動物愛護指導センター、宇都宮市保健所の収容犬を引き取る。
    (栃木以外の方はお住まい地域の行政施設)
  2. センター等から収容犬を引き出して、病気のケアをしたり性格を把握してくれている
    保護団体さんや一時預かりボランティアさんから譲り受ける。
  3. 開催されている里親会・譲渡会に出向いて、自分の目で迎えたい子を見つける。
  4. インターネットの里親募集サイトで見つける。
保護団体では譲渡をする際に一定の条件を定めています。
各団体によって里親になる手順はさまざまですが、だいたい以下のような感じになると思います。
  1. 里親の申し込みをする。
  2. 団体が設けている審査を受ける。
  3. 短期間暮らしてみる。(トライアル)
  4. 正式に譲渡を受けて「里親」になる。
犬や猫に会いに里親会・譲渡会に行ってみてください。
里親に興味を持たれた方は開催されている「里親会」に出向いて相談してみましょう。
開催場所や開催日時の詳細はネットで検索してみてください。

栃木で定期的に開催されている主な里親会・譲渡会

平成 26 年度の栃木県内の飼主不明の犬の収容頭数は 1,347 頭です。
その内飼い主さんのもとへ帰った犬は274 頭。
殺処分頭数は、1年間で犬 411 頭、猫 629 頭にものぼります。

側面支援にはこんな形があります。

今は里親にはなれないけど『何かをしたい』という方へ。
あなたのできることをするのが立派なボランティア。
知識がある、想いがある、それだけでも、現状を変えるために大切なことなのです。
「何もできない」と自分を責めないでくださいね。
①保護活動に必要な 消耗品等を援助する。 (物資を寄付する)
②ボランティアさんの 資金面を援助する。 (お金を寄付する)
③里親が見つかるまで の間だけの預かりボランティアをやる。
④お散歩やお掃除など かかる手間について お手伝いをする。
⑤あなたが知った犬猫を とりまく事実を多くの人に知らせる。
ご寄付・物資支援・その他のボランティアのお申し出などにつきましては、直接各団体へお問い合わせください。
HPやblogで里親会の開催や日々の活動について書かれていますので、是非読んでみてください。

とちポチとちタマ編集部もInstagramをやってます。フォローしてください。